ペット火葬なら当サイトにお任せ!

ペット火葬にかかる費用

ペット火葬にかかる費用 犬や猫などのペットは私たちに様々なことを与えてくれるので、飼うことは何も間違っていません。
ペットに対して偏見を持っている方もいますが、そういう意見は少数なので気にしなくて大丈夫です。
ペットもいつかは亡くなってしまいます。
そこで、ペット火葬にどのくらいの費用がかかるのかを見ていきます。
ペット火葬の費用は動物の体長によって変わってきます。
小型犬の相場は30000円ですが、大型犬になると50000円くらいが相場になります。
決して安い価格ではないので、驚く方がいるかもしれません。
もっと安い業者があるのではと探すのは構いませんが、安いだけで決めてしまうのはナンセンスです。
相場と比べて明らかに安い業者はペットを雑に扱ったり、サービスの質が悪いなどトラブルが生じてしまう可能性が高いです。
大切なペットとの最期なので、トラブルなく安心して任せることができるところを選んでください。
お金よりも大事なものがあるはずです。

ペット火葬ができる場所はどのようなところか

ペット火葬ができる場所はどのようなところか 家族同然に飼っていたペットが亡くなった場合には、できるだけていねいに供養をしたいものといえます。
その場合に最適なのがペット火葬ですが、具体的にどのような場所で行うことができるのかはケースによりさまざまです。
費用的な安上がりなのは公営の施設を使う方法ですが、住んでいる自治体によってはペット用の小型の火葬炉が火葬場のなかに併設されていて、一定の使用料を支払うことでペット火葬ができる場合があります。
このような設備がない自治体の場合には、清掃センターなどで引き取ってそのまま焼却処分をするしくみが一般的ですが、飼い主の供養をしたい気持ちとは相容れないところが問題です。
ペット火葬を専門的に行っている民間の葬儀会社も最近では各地に展開していますので、こうしたところに依頼をすれば間違いはないといえます。
会社が固定的な火葬炉や葬祭ホールをもっていることもありますし、逆に火葬炉を積載したトラックを所有していて、自宅まで出張に来てくれることもあります。

新着情報

◎2024/4/1

情報を更新しました。
>大切なペットの遺骨を手元に残せるペット火葬
>愛情深く見送るためのペット火葬・個別火葬に関する必読ガイド
>ペット火葬の金額相場と選び方の重要性を徹底的に解説
>愛するペットとの心温まる別れ方・ペット火葬と供養に関する総合ガイド
>ペット火葬を考える時に知っておきたい注意点とお役立ち情報の総まとめ

◎2022/8/10

情報を更新しました。
>ペット火葬と実施するタイミングはいつが良いか
>ペット火葬や葬儀にはどのような種類があるのか
>ペット火葬で副葬品として一緒に火葬できるものとは
>ペット火葬の際にはどんな服装で行けば良いのか
>ペット火葬をする際の持ち物と持って行ってはいけない物

◎2021/6/9

火葬の料金は業者によりさまざま
の情報を更新しました。

◎2021/3/2

火葬業者の選び方
の情報を更新しました。

◎2021/1/5

火葬におすすめのお花
の情報を更新しました。

◎2020/10/15

サイト公開しました

「ペット 費用」
に関連するツイート
Twitter

ペットの火葬費用はどれくらい?費用の算出方法や安くする方法は? | 愛ペットグループの『ペット供養大百科』

返信先:2頭ともペット保険入ってます。子猫の頃は何かと体調崩しがちなので、いざというときのために。予防医療費や検査費用は完全持ち出しです。

ペット可物件、ただでさえ少ないし家賃高いのに初期費用が敷金に家賃+1〜2ヶ月分上乗せされるのでそれなりにしんどいんだけど、無駄に正義感が強いので馬鹿正直にペット可物件を探している。

脱水からきてる消化器系の炎症…😔 検査の処置をできるだけしてもらったから、費用がすごいことなった〜 ペット飼う際は保険に入るのは本当にお勧めするよ🐶

返信先:うちも五月までは五匹いました。全員ペット保険に入ってました。 五月に腺癌で一匹を亡くしましたが、断脚手術の費用や、投薬のためにかかった費用は保険を使って10万円ほどだったと思います。…