ペット火葬なら当サイトにお任せ!

ペット火葬後に人間と一緒のお墓に入れてもよい?

ペット火葬後に人間と一緒のお墓に入れてもよい? ペットを家族同様に大切にしている人は多く、最後のお別れのときも葬儀を執り行う家庭も増えてきています。
人と同じように葬儀を執り行うので、ペット火葬を行い供養して見送る事が可能です。
特に家族同等の愛情を注いで生活していたペットが亡くなると、自分が亡くなった後に一緒のお墓に入る事を希望する人もいます。
もちろん同じお墓に入る事は問題はありませんが、檀家であるお寺に相談する事は必要となります。
宗教的に檀家に入っていると一緒にお墓に入るのが難しい場合は、将来同じ場所で眠る事を想定して準備しておく必要が出てきます。
いきなり直ぐに同じ場所に入るというのは難しいので、家族への相談も含めてしっかり用意しておくことがポイントです。
ペット火葬の業者には家族として入る事ができる霊園などを紹介してもらう事もできるので、ペット葬儀業者などに事前に相談してみるのも良い方法の1つになります。
相談しておくことでより自分の希望にそって、最後のお別れを迎える事に繋がります。

ペット火葬で小鳥も対応してもらえるのかチェック

ペット火葬で小鳥も対応してもらえるのかチェック 飼っている小鳥が亡くなった場合、火葬できるのかどうか知りたいという人もいるでしょう。
最近ではさまざまな動物の火葬に対応するペット火葬業者が登場してきており、小さな鳥も対応できるということです。
小鳥の火葬は犬や猫などと同じ方法で行われます。
一つ目は専門の設備がある車で行うという方法があります。
これは業者が自宅や自宅の近くまで来てくれるのでとても便利です。
しかし、自身のペットだけ行う場合と他のペットと一緒に火葬する場合などがあるため、事前に確認しておきましょう。
もう一つは専門の施設や霊園で行うという方法です。
亡くなってしまった鳥を施設や霊園まで運べる場合はこちらの方法でも良いでしょう。
業者によっては車で迎えに来てくれる場合もあります。
ちなみに、小動物であっても、自宅や公園などで火葬するというのは禁止されています。
自力で対応したいという人もいるかもしれませんが、ペット火葬は専門の業者に依頼した方が無難です。

新着情報

◎2024/4/1

情報を更新しました。
>大切なペットの遺骨を手元に残せるペット火葬
>愛情深く見送るためのペット火葬・個別火葬に関する必読ガイド
>ペット火葬の金額相場と選び方の重要性を徹底的に解説
>愛するペットとの心温まる別れ方・ペット火葬と供養に関する総合ガイド
>ペット火葬を考える時に知っておきたい注意点とお役立ち情報の総まとめ

◎2022/8/10

情報を更新しました。
>ペット火葬と実施するタイミングはいつが良いか
>ペット火葬や葬儀にはどのような種類があるのか
>ペット火葬で副葬品として一緒に火葬できるものとは
>ペット火葬の際にはどんな服装で行けば良いのか
>ペット火葬をする際の持ち物と持って行ってはいけない物

◎2021/6/9

火葬の料金は業者によりさまざま
の情報を更新しました。

◎2021/3/2

火葬業者の選び方
の情報を更新しました。

◎2021/1/5

火葬におすすめのお花
の情報を更新しました。

◎2020/10/15

サイト公開しました

「ペット 小鳥」
に関連するツイート
Twitter

犬猫小鳥鼠家禽爬虫類両生類魚虫、でかい家畜以外飼ってみて思うことはペットとして一番自分に向いてたのはやはり鳥です 金銭面・衛生面・世話の手間・愛嬌・知能、当然個人の調べで鳥 鳥は良い 鳥って素晴らしくって

返信先:そうなのね💕︎ 汗もかかないし汚れないんだね😊 うさちゃんっていい匂いなんだろうな😌🍀 ペットっていい匂いがするから好き🥰 小鳥もいい匂いだったし、ワンコもいい匂い💓

同じお金使うならペットと暮らすべき 小鳥、ハムスター、魚、うさぎ、犬、猫等かな

返信先:ケージ外に出ないとなるとハムスターとか小鳥系ですかね? 賃貸だとなかなかムズいですよねー🥺💦 私もやっとやっとまたペットと暮らせるから嬉しすぎます🥰

ペット飼育可能(小鳥・観賞用の小魚のみ) それはペット可って言わねーんだよ!といつも思ってます。